第3弾 ファイナンシャルプランナー目線のリアルアドバイスを体公開! 路線価?公示地価?実勢価格?

わからないことが多い土地価格の基礎知識について知っておこう Vol.1

マイホームを建てるにあたって土地の購入を考えている場合、その価格はとても気になる重要なポイントの1つ。そこで、知っておきたい土地価格の基礎知識にクローズアップ。
わかりにくい土地価格の見方や動向、価格を調べる際に必要な基礎知識をご紹介します。

Study1 土地価格には4つの種類があるって知ってる?

物の値段は『一物一価』が原則ですが、土地の場合は『一物四価』と言われ、一つの土地に対して四種類(またはそれ以上の場合も)の価格がつけられています。まずはそれぞれの価格が何のためにつけられているか、何を意味しているのかを知りましょう。

土地価格の種類 内容 評価日 公示日
実勢価格(時価) 実際に土地を売買する時の取引価格。個別の土地に対してつけられるもので、購入する際には、まずはこの価格をチェック。 - -
公示価格 国土交通省が一般の土地取引の指標とした、標準地の価格。これを補完するため、都道府県が算定したものが「基準地価」。実勢価格のベースとなるもので、購入の際にはこの価格も参考に。 1月1日時点 3月
基準地価 7月1日時点 9月
相続税路線価 相続税の計算をするために、国税局が毎年算定する価格。公示価格の約8割が目安となる。一定の距離を持った「路線」を対象にしていることから、「路線価」と呼ばれる。公示価格・基準地価に比べて、計測地点が約10倍と多いため、集計に時間がかかる。 1月1日時点 7月1日
固定資産税評価額 各市町村が3年に1度、固定資産台帳に登録された土地や家屋に対して評価する価格。実際の土地売買価格とはまったく関係がなく、公示価格の約7割程度が目安。「都市計画税」「不動産取得税」「登録免許税」「相続税」の課税基準になる。 1月1日時点
(3年に1度)
1月1日時点
(3年に1度)

実際の土地の購入に関係してくるのは
「実勢価格」と「公示価格(基準地価)」。
「相続税路線価」や「固定資産税評価額」はその名の通り、土地を購入・所有した後、支払う税金に関わってくる、
評価のための価格ということになります。

Study2 土地の相場と取引価格を調べてみよう!

参考にしやすいのは不動産会社などの店頭やwebサイトに表示されている物件の情報ですが、新聞の折り込みチラシなどで、現在売りに出されている物件の価格を知ることができます。ただ、この価格は売主の希望価格であるため、実際の取引では安くなる傾向が。ほかにも、国土交通省による土地に関するwebサイトなどからも検索することが可能。また、ABCハウジングのモデルホームでも、最新の土地情報をチェックすることもできます。家を建てたいと考えている地域の相場を把握しておけば、気に入った土地を見つけたときに、その土地が安いのか高いのかを判別できるようになります。

土地の相場を知るためのおすすめ検索webサイト

『土地総合情報システム』
国土交通省

  • 土地の取引価格、地価公示(公示価格)、都道府県地価調査(基準地価)を検索可能
  • 四半期(3ヶ月)ごとに不動産取引のあった物件を取引時期、土地の種類、地域(住所や路線・駅名または地図から)などの条件から検索可能
  • 国土交通省地価公示・都道府県地価調査における、地価公示・都道府県地価調査の見方について

『全国地価マップ』
一般財団法人 資産評価システム研究センター

  • 「全国地価マップ」で、住んでいる地域の固定資産税路線価、相続税路線価、地価公示価格、都道府県地価調査価格の4つの公的土地評価情報が検索可能

土地の価格は売主の言い値だけで決まるものでは
ありません。事前に周辺の地価相場や過去の取引情報を
知っておくことで、取引が有利に進められることも。
建物と同様に、土地も上手に購入したいものですね。

Study3 近畿圏・首都圏の最近の地価動向ってどうなの?

気になるのは現在の地価の動向。
近畿圏、首都圏を中心に見てみることにしましょう。

近畿圏
2017年3月に発表された公示価格によると、近畿圏では商業地は値上がりしているものの、住宅地については京都を除いて横ばいから下落傾向に。また大阪市内などでも一部上昇が見られるものの、戸建て住宅を建てやすい郊外には、大きな影響はなさそうです。
首都圏
最新の公示価格を見ると、横ばいの傾向である全国に対して、首都圏ではプラスの上昇率に。これを牽引しているのが千代田区、中央区、港区の都心3区で、さらに新築分譲マンションの価格高騰にともなっているため、戸建て住宅の立地に適した郊外の地価にはあまり影響がなく、比較的沈静化していると言えるようです。

土地の価格が上昇しているのは、
近畿圏・首都圏ともに一部だけで、
郊外ではむしろ購入しやすくなっている場所も。
study2でご紹介した検索サイトなどで、
購入したい土地の価格をチェックしておけば大丈夫。
住宅ローン減税や低水準で推移する金利の現状を考えると、
今は土地取得もチャンスといえるでしょう。
これを機に、好条件の土地を探してみるのもオススメです。

ファイナンシャルプランナー目線のリアルなアドバイスはいかがでしたか?

夢のマイホーム計画でも、
どうしていいかわかりにくい土地購入に関する準備。
「土地価格の基礎知識」について理解しておくことが、失敗のない土地探しにつながります。

ABCハウジングのモデルホームでは、
土地の情報について最新のものを
豊富に取り揃えて随時公開中。
ぜひ1度、住まいについてはもちろん、
土地のことについても、プロにご相談ください!

関東エリア 住宅展示場MAP
近畿エリア 住宅展示場MAP
モデルホームを探す
モデルホームを探す
簡単応募で
プレゼントをもらおう!
いますぐCHECK!デジタルチラシ
今月のチラシはこちら

きっと役立つ住まいづくりコラム

  • ABCハウジングのご紹介
  • 知っておきたい基礎知識

TOPへ戻る ▲