もしものときもしっかり安心!住まいづくりの技術編 もしものときもしっかり安心!住まいづくりの技術編

地震に負けない住まいづくりをする上で、
注文住宅に取り入れられている技術は、主に「耐震」「制震」「免震」の3つ。
それぞれの技術にどんな効果があるのかを見てみましょう!

地震に強いつの技術とその違い

倒壊しないように耐える 耐震技術

地震の力に対して構造体の力で倒壊しないように耐える技術。現行の建築基準法では、すべての建物に耐震性能が義務付けられているため、耐力壁、筋交いなど、在来工法に広く取り入れられており、この技術はいまの建物には必須の要素といえるでしょう。

  • ◎ほぼすべての建物に採用
  • ◎室内の家具などの転倒防止策を
代表的な技術・装置

受け止めて静める 制震技術

建物の倒壊を防ぐため、地震のエネルギーを制震装置が素早く静める仕組み。損傷しやすい柱間、壁などに「制震パネル」や「ダンパー」を設置し、揺れのエネルギーを熱に変換するなどして吸収。独自のシステムを採用する住宅メーカーが増えています。

  • ◎免震装置よりもコストが安い
  • ◎壁中設置のため制約が少ない
  • ◎繰り返しの揺れに対して有効
代表的な技術・装置

揺れそのものを軽減する 免震技術

地盤と建物の間に免震装置を設置して、地震の揺れがそのまま建物に伝わらないようにする構造。揺れを1/10程度に軽減するとされています。壊れないことを目指す耐震技術(耐える)に対して、建物が地震力をなるべく受けない(免れる)ことを目指す技術です。

  • ◎家全体の揺れを大幅に軽減
  • ◎家具の転倒や損傷リスクが軽減
  • ◎家具などによる事故が防げる
代表的な技術・装置

3つの技術のほかにも、地震に対抗する方法はいろいろ。構造・工法別や地盤、基礎などについても見てみましょう!

部材と構造・工法

住宅の骨組みになる部材には、木材や鉄骨、鉄筋コンクリート、煉瓦、コンクリートブロック、石などがあります。現在の住宅によく使われる代表的な3つの部材とその構造・工法をご紹介します。

木構造(W造)

主要な部材が木材で作られている構造。軽量な上、金物や筋交いなど、適切な補強をすれば耐震性にも優れるといわれています。軸組工法(在来工法)と、壁や床で構成される六面の構造体を組み合わせる枠組壁工法(2×4工法・2×6工法)があります。

鉄骨構造(S造)

骨組に鉄製や鋼製の部材を使用。鉄や鋼の粘りによってしなり、変形することで、地震のエネルギーを吸収。地震に耐える構造であるため、倒壊しにくいといわれています。鋼材の厚みにより、重量鉄骨と軽量鉄骨の2種類に分類されます。

鉄筋コンクリート構造(RC造)

コンクリートの中に鉄筋を入れた構造。圧縮力に強いコンクリートと、引っ張る力に強い鉄筋の長所を生かすことにより地震に強いといわれています。重量があるため、地震の際の揺れは大きくなることがありますが、倒壊しにくい構造です。

地盤調査&地盤改良

建設予定地の地盤が軟弱地盤であると判明したときには、補強や改良などの対策を行わなくてはなりません。地震に強い家を建てるためには、土地に適した設計や構造計算が必須です。

基礎部分

建物の重さに耐え、地震などで上下左右へ大きな力が加わったとき、建物が踏ん張れるような構造が求められます。布基礎やべた基礎、逆べた基礎、深基礎など、さまざまな形状があります。

自然災害に備えるための技術は、いろいろ!
住宅メーカーではそれぞれが、
独自の工法や技術を採用しているから、
モデルホームを見学して、
ぜひチェックしてみてください!

もしもに備える防災マニュアル

関東エリア 住宅展示場MAP
近畿エリア 住宅展示場MAP
モデルホームを探す
モデルホームを探す
簡単応募で
プレゼントをもらおう!
いますぐCHECK!デジタルチラシ
今月のチラシはこちら

きっと役立つ住まいづくりコラム

  • ABCハウジングのご紹介
  • 知っておきたい基礎知識

TOPへ戻る ▲