「戸建住宅」VS「マンション」

②「マンション」のメリット、デメリットをあげてみました。

自分らしく、思い通りのライフスタイルで快適に暮らすなら…。さあ、あなたならどっち?

マンションのメリットデメリット

駅近、ショッピングセンター隣接
など立地条件が良い
駅前やショッピングセンター周辺は、ある程度の規模の開発に伴って、やはり戸建よりマンションの建設が多くなります。合わせて病院や役所などの都市機能も充実することが多いですね。
管理・メンテナンスは
体制が整っていて
第三者に委ねられてラク
管理組織がメンテナンスや修繕計画を担ってくれると、個人の負担は軽くなります。しかし居住者の意見をまとめる苦労や、業者に任せっきりでトラブルが生じることも少なくありません。
セキュリティ面が
ハード・ソフトともに安心
戸建住宅に比べて窓やドアの数が少ないことは、それだけで防犯上のリスクが少なくなります。さらにオートロックや管理人常駐などのシステムが整っていればより安心できます。
戸建に比べると
断熱性能が優れている
マンションは躯体構造上、基本的に戸建住宅よりも分厚い鉄筋コンクリートで部屋の周囲を囲まれていること、さらにドアや窓の開口部も戸建住宅に比べて少ないことが多いため、断熱性に優れています。
駐車場代・管理費などが
かかる
マンションでは部屋代以外に(もちろん分譲型でも)駐車場代、管理費などがかかってくるのは常識。このコストはマンションに住み続ける限り、ずっとかかってくるものです。
上下階、左右部屋へ、
生活音などの配慮が必要
集合住宅に暮らすルール。たとえ部屋自体は自分の持ち物でも、お隣りや上下階の部屋の生活を妨げるようなことは許されません。音、水、臭い…。気をつけることは色々あります。
設計の自由度が低いので
住まいにライフスタイルを
合わせなければならない
スケルトン分譲で自由な間取り設計ができるマンションというのは、まだ物件数が少なく、コストも割高なのが実情。やはり決められた間取りに生活スタイルを合わせなければなりません。
ペット不可など、
集合住宅の管理ルールに
従わなければならない
集合住宅のルールは他にも色々。ペットを飼うこと、共用スペースの使い方や清掃について、ゴミ出し、車以外にも自転車の扱い、自治管理の役割分担…など。
 

トータルに考えると…
マンション

  • 立地や利便性、さらに防犯の面で戸建住宅より優れている
  • 建物の管理や修繕といった部分は第三者へ委ねられるので、自己責任の範囲は狭い
  • 管理費や駐車場代などの負担はローン完済後も払い続けなくてはならない
関東エリア 住宅展示場MAP
近畿エリア 住宅展示場MAP
モデルホームを探す
モデルホームを探す
簡単応募で
プレゼントをもらおう!
いますぐCHECK!デジタルチラシ
今月のチラシはこちら

きっと役立つ住まいづくりコラム

  • ABCハウジングのご紹介
  • 知っておきたい基礎知識

TOPへ戻る ▲