工法別INDEX

木造軸組工法

日本の伝統的な家づくりから発展した工法で、現在の新築住宅の半数以上を占めています。上からの荷重を柱や梁など、タテ・ヨコの軸で支え、地震の揺れや風のような横からの力は、筋交(すじかい)によるナナメの軸で対抗します。この工法のメリットは、柱の太さや材質が好みで選べること、間取りや空間、開口部の設計が自由にできること、増改築の際に融通がきくことなどが挙げられます。最近では、耐火ボードや石膏ボードの採用によって、3階建も可能になりました。

この工法のモデルホーム一覧

鉄骨・コンクリートパネル工法

鉄の骨組みと軽量コンクリート(ALC)パネルで組み立てる工法です。ALCは非常に軽く、無数の気泡を含んだコンクリート素材であるため、結露しにくく、しかも、一般のコンクリートの10倍の断熱性を発揮。さらに、耐震・耐水・耐久性に優れているため、規格住宅のなかでは、比較的長い耐用年数を実現しています。また、現在では、パネルの多様化によって、吹抜けや広々としたワンルームなど多彩なプランが可能になっています。

この工法のモデルホーム一覧

鉄骨・パネル工法

プレハブ住宅として最も歴史ある工法で、現在、新築されるプレハブ住宅の50%以上がこの建て方によります。木の柱や梁のかわりに鉄骨を組み、そこにパネルを取り付ける軸組工法が主流となっています。接合は、ボルトか溶接で行い、鉄骨は基礎と一体化させています。耐震性・気密性に優れていることに加えて、パネルには不燃物が使われているため、耐火性も抜群。融通性のある規格住宅のため、将来の増改築も簡単に行えます。

この工法のモデルホーム一覧

鉄骨・木造ユニット工法

全工程の80%以上が工場で生産される、非常にシステム化された工法です。そのため、品質にムラがなく、施工ミスもほとんどありません。現場工期が短かく済むのもメリットです。各ユニットのフレームには鉄骨の場合は「鉄」、木造の場合は「木」を用い、内装仕上げには木質系を使うのが一般的です。また、フレームの強度が高いため耐震性に優れ、外壁には不燃物を採用していますので、耐火性にも優れています。さらに、増改築も簡単にできます。

この工法のモデルホーム一覧

木質・パネル工法

いわゆるプレハブと呼ばれる工法のひとつです。壁や床、屋根パネルなど、ほとんどの部材を工場で生産しておき、後は現場で組み立てるだけという工法です。接着剤や釘、ボルトなどを使い、壁・床・屋根が一体となった完全な箱状にしますから、外圧に非常に強く、荷重を面で支えるという点では枠組壁工法と同程度の耐震性があります。また、壁パネルには石膏ボードやグラスウールを使用しているため、耐火性も抜群です。近年では、吹抜けや3階建など、さまざまな設計が可能になっています。

この工法のモデルホーム一覧

2×6とユニット工法

壁や床、天井などの各ユニットを、おもに厚さ2インチ、幅6インチの規格材を「面」として用いる2×6工法と、各ユニットをあらかじめ工場内で生産し、組立作業は現場で行うというユニット工法を融合させた工法。現場における作業は、据え付けと屋根工事だけという省施工性を実現しています。また、すべてのユニットは工場で生産されるため一定の品質が得られ、施工上の誤差はほとんど生じません。さらに、工事も短期間で行えます。

この工法のモデルホーム一覧

枠組壁工法(2×4、2×6、2×8、スチール工法)

アメリカやカナダで盛んな工法で、厚さ2インチ、幅4インチの規格材を、壁や床、天井などの「面」として使い、それによって躯体を支える仕組みとなっています。躯体の重さや地震、風などの外力を広い面で受けとめ、建物全体に力を分散させます。壁や天井には、石膏ボードを使用することから、耐火性にも優れています。もちろん2×4インチ以外の規格材も使われ、設計はかなり自由です。

この工法のモデルホーム一覧

壁式鉄筋コンクリートパネル工法

砂と砂利を使った、重いコンクリートのパネルを使った工法です。コンクリートの性質上、耐熱・遮音性に優れており、抜群の耐震・耐火性を誇っています。さらに、法定耐用年数も47年と長いのが特長です。最近の傾向としては、屋上が利用できるフラットルーフタイプに人気が集まっています。また、パネルの多様化によって、曲面タイプが登場するなど、モダンなデザインのプランニングも増えてきています。

この工法のモデルホーム一覧

壁式鉄筋コンクリート工法

建物の梁、壁、床などの形に合わせた型枠を組み、その中に必要な量の鉄筋を配置して、コンクリートを流し込む工法。コンクリートを流し込んで固めるため、設計上での高い自由度を実現しています。しかも、躯体全体に継ぎ目がなく一体に形成されるため、頑丈かつ長寿命なのが特長。過去の大きな地震における被害も少なく、優れた耐震性と強度を誇っています。近年の土地有効利用ニーズを受けた3階建住宅への採用が増えています。

この工法のモデルホーム一覧

木造ラーメン工法

鉄骨造・鉄筋コンクリート造のような大開口や大空間などの自由な間取りを、木造で実現する工法。柱や梁の骨組みだけで、筋交を全面的に入れた木造住宅と同等の強さ、鉄骨と同じくらいの耐震性があります。また、鉄骨造・鉄筋コンクリート造と比べて安価で、コストダウンを図ることが可能。 壁の量や配置、偏心率の問題を解決し、広いリビングやリフォーム、耐震補強にも威力を発揮し、部分的な使用など使い勝手も抜群です。

この工法のモデルホーム一覧

メーカーおすすめ情報

名張
2017/04/28更新
おかげさまで新展示場OPEN1周年☆アニバーサリーフェア開催中!CASARTShare Days「シェアデ…
姫路・書写
2017/04/28更新
業界では珍しい、女性のスタッフのみの展示場です♪家事や育児のしやすい間取りやご生活のご提案を、女性ならで…
神戸東
2017/04/28更新
二世帯新商品ikiki発売記念 ☆★☆  ご来場いただいた皆様に、『よくわかる二世帯』読本プレゼント!!…
神戸東
2017/04/27更新
「4月23日より新規限定販売開始」エコスマートハウスZEH建ててお得な、ゼロエネルギー住宅是非お話を聞き…
和泉・第二阪和
2017/04/27更新
新商品 The Forest BF 誕生!住友林業のBF(ビッグフレーム)構法で暮らしをもっと自由に。家族の暮らしを森…